案内

あらゆるところで

看板

垂幕は、様々な所で利用されています。お店の看板代わりに店先に垂れ下がっていることもあれば、学校の部活を応援するもの、活躍した人を称える垂幕、イベント会場の入り口など様々な所に掲げられています。垂幕は、多くの人の目につく物なので、宣伝効果も抜群です。垂幕を作りたいときには、垂幕や横断幕を製造している会社に依頼を行なうことが必要です。デザインの相談を行なうことも可能な所が多く、なんとなくこんなイメージにしたいというような簡単なイメージを伝えるだけでも、イメージに合ったものを作成してくれます。もちろん、グラフィックソフトを利用してそのイメージをそのまま垂幕にしてもらうことも可能です。素早い対応を行なってくれる所もあり、2日程度で垂幕を仕上げてくれるような業者もあります。依頼を行なう時期や、業者によって納期は異なってくるため、早めに問い合わせることが必要です。

垂幕の素材は様々な物があります。垂幕はどの種類でも水に強く頑丈なものが多いです。その中でも塩化ビニールで作られたターポリンという素材は、非常に強さがあります。防炎機能もあり、重量がある分耐久性も高く、屋外に常に設置するという様なときに利用することが可能です。なお、メッシュターポリンと呼ばれるものは、同じ塩化ビニールで作られていますが、メッシュタイプとなっており小さい孔があいています。高いところや大きい垂幕として使うことに向いています。また、個人の場合や短期だけ使いたいという場合、屋内で利用する場合はソフトバナーというものが向いています。ポリエステルや塩化ビニールでできており、軽くて持ち運びが便利です。